×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャネルについて

ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)1883年フランス生れ。母が他界後、家族は離ればなれになり、シャネルは孤児院や修道院で育ちます。
シャネルが生み出すファッションは、モノトーンな色中心なものが多いのは、シャネルが修道院で育ったのが影響しているとされ、修道院では黒などのべーショックな服装ばかりを着用していたからと言われています。
ちなみにシャネルは、規則正しい生活だった修道院で、お針子としての技術を身につけています。
1905年にシャネルは、踊り子(歌手)目指しキャバレーで歌の仕事に就くようになりました。美しいシャネルはすぐに人気者となり、ココ(ミドルネーム)と呼ばれ親しまれたそうです。これがココ・シャネル(CC)の由来です。
その後シャネルは、ブルジョワ出身の青年将校と出会い愛人となり彼の出資を受けて1909年、パリにて帽子店の開業しました。
シャネルの死後、ココ・シャネルは低迷しましたが、カール・ラガーフェルドによってシャネルは人気を取り戻し、そして彼はトレンドセッターとしての地位を確立、シャネルの服のデザイン以外にも、サングラス、バッグと人気商品になりました。

シャネルのサングラスについて

カール・ラガーフェルドですが、2007S/Sコレクションを代表とするで白と黒を基調にしたミニスカート(ミニドレス)に大きなサイズのサングラスのスタイルは他ブランドにも大きな影響を与えました。
シャネルのサングラスは、ブランドサングラスの中でも一際人気の高いものとなっています。よって芸能人など有名人の方もシャネルのサングラスを愛用されています。
私が特に印象に残っているのは、関西のローカルで申し訳ないですが、シャネラーで有名なハイヒールのモモコさんですね。モモコさんのご自宅の撮影を何度か見たことがあるのですが、シャネルでいっぱいですね(笑)
また、グッチのサングラスも有名人に愛用者が多く、ELTの持田香織さんや、タレントの上戸彩さん、更に木村拓哉さんも使っているようですよ。
シャネルと言えば何かセレブや芸能人などの物だって感じですが、シャネルのサングラスぐらいなら私たち庶民にも何とかなる(笑)お値段で買えそうな気がしますね(笑)一度オシャレしてみたいな。

大きなサイズのシャネルのサングラスで小顔に

サングラスはもはや陽射しとは関係が無くなった感じですね。サングラスは、ファンションアイテムとして年中使えるものです。たとえれば、顔を彩るジュエリーのような存在とでも言えそうです。大きなサイズのサングラスは、もちろん紫外線から肌を守ってくれますが、顔を見られて騒がれたくない有名人なんかは変装用にも使われていますね(笑)ビッグサングラスは、ここ数年ですっかり定着しました。特にセレブ達の絶大の人気を得ているようです。その中でもはやりシャネルのサングラスが人気です。顔を半分ほども覆ってしまうビッグサングラスは、手軽に小顔の効果が得られるのがうれしいところです。その他目をぐっと大きく見せる効果もありますよ。今まで大きめのサングラスを敬遠していた方も一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Copyright © 2007 シャネルのサングラスって良いね